LOG IN

クラウドソーシングのいいところ

by みけねこ工房

クラウドソーシングというのは地雷クライアント案内所などとおっしゃる方もいるくらいで、低いギャラで多くの要求をされる場でもあります。私もそれを否定しません。現に疲れてしまいましたから。

でも、クラウドソーシングで割と分野を問わず、ライティングの仕事をしてみて、「自分が苦なくできること」を強く意識するようになりました。

本当に自分が詳しい分野のこと以外を書くときは取材か文献やwebの調査をすることが前提になります。クラウドソーシングで多いのは取材よりはwebでちゃちゃっと調べて書く的な案件です。

「自分が苦なくできること」以外のジャンルだと、興味があると思って選択した仕事でもとても苦しいです。辛くてたまりません。そして、ギャラ的な不満もたまりました。このような経験を通じて、IT系をメインにやっていこうかなと、ライターを志した初期の頃に考えていたことに戻ってきました。

元々、ライターとして2件目のクライアントさんが今もお付き合いのあるところですが、IT系だったのです。これはとても幸運でした。

これからはIT系ライターとして、スキルを磨いていきたいなと思っています。

逆説的ですが、クラウドソーシングで様々な案件に触れて、自身の意思が固まってきました。まずは方向性をつかむためにしばらくクラウドソーシングで仕事してみてもいいかもしれません。


みけねこ工房
OTHER SNAPS